SAMAMBAIA | BRAZIL /200g

  • 2,592円(税込)
内容量 200g
数量

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
大人びた柑橘の印象がコアントローを思わす芳醇な香り。アーモンドのようなナッツ感。チョコレートのようになめらかで、サンマンバイアの持つ柔らかな酸質はそのままに、口の中にホールドされる香りと甘さの余韻が魅力的です。カンブライアさんが自家培養した酵母で、プロセスを施したエキゾチックなロット。

生産国|ブラジル
地域|ミナスジェライス州、サント・アントニオ・ド・アンパーロ、カンポ・ダス・ヴェルテンチス
農園|サマンバイア
生産者|エンリ・ジアス・カンブライア
標高|1,100m
農園面積|900ha
品種|イエロー・カトゥカイ
収穫時期|2022年10月-12月
生産処理|アナエロビック・ファーメンテーションwithイースト、ナチュラル、パティオで乾燥
ロースト|ミディアムロースト
風味|ビターオレンジ、コアントロー、アーモンド、チョコレート、スイート、クリーミー

詳細
伝統のあるサマンバイア農園は、ミナス・ジェライス州のカンポ・ダス・ヴェルテンテスでのコーヒー栽培の初期に遡ること100年以上、カンブライア家によって大切に受け継がれてきました。

ホセ・ノミナト・カンブライア医師は長年にわたり、医学への情熱と並行して農園の世話をしてきた。1993年、現オーナーのヘンリケ・カンブライアが他界した父の後を継ぐことになり、サマンバイアの運命は変わった。20代の若さで新卒でビジネス界で有望なキャリアをスタートさせたヘンリケは、兄のロドリゴと妹のシルビアに選ばれ、4代目として農場を引き継ぎ、父の仕事を引き継ぐことになった。この移行は容易ではなく、ヘンリケはこの間、多くの困難を乗り越えなければならなかった。海外を旅行した際、ヘンリケはブラジルのコーヒーが国際的なコーヒーショップの棚に並んでいないことに気づき、この事実が新たに台頭してきたスペシャルティコーヒー市場に目を向けさせた。間もなく、ヘンリケは高品質のコーヒーに注目し始め、カンポ・ダス・ヴェルテンテスの他の生産者と力を合わせ、彼らのスペシャルティコーヒーを直接輸出する協同組合、SAN COFFEE を設立した。それ以来、ヘンリケはリュックサックを背負って世界中を旅し、この地域のコーヒーの可能性を示し、より多くの人々に認知されるようになっていきます。今日のサマンバイア農園は、優れたコーヒーに加え、社会的・環境的責任を重視しており、将来の世代にコーヒー事業の持続可能性を伝えるため、従業員の研修や、農法・ポストハーベストの革新に投資している。

【アナエロビック・ファーメンテーション with イースト】
まず、熟したコーヒーチェリーを集め、乳酸発酵の場合はろ過した水+砂糖+塩、アルコール発酵の場合はろ過した水+砂糖とともに清潔な瓶に貯蔵し、自生酵母を培養する。7日間の酵母培養後、酵母を増殖させ、600mLの培養酵母で40Lの増殖原生酵母液を製造する。ネイティブ・イーストは収穫後のコーヒー・チェリーに植え付けます。熟したチェリーを清潔なプラスチック樽または袋の中に層状に入れます。各層の上に酵母を含む溶液を加え、樽を気密バルブで最低48時間閉める。この時間の後、チェリーはきれいな水で洗い流され、発酵プロセスを完全に中断し、パティオに移されて乾燥が完了する。