KAMUNYAKA | KENYA /200g

  • 1,944円(税込)
内容量 200g

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
ビターオレンジの風味に、シナモンやキャラメルを思わす香り。
”スルリ”と飲み心地が印象的に味わえます。

生産国|ケニア
地域|ニエリ県
生産処理場|イリアニ・コープ
生産者|複数の小規模生産者
標高|1,760m
品種|SL28、SL34、バティアン
収穫|2022年11月
生産処理|ウォッシュト
ロースト|ミディアムロースト
風味|ブラックティー、ビターオレンジ、ハイビスカス、キャラメル、スムース

詳細
ケニアの多くのウォッシング・ステーションでは、水の使用量が少ないエコパルプを使用しています。さらに、汚染のリスクを軽減するため、しばらくプレートの上に放置され、不純物が沈殿してから処理されます。コーヒー生産は、大量の水と農薬を使用する集約的な農業であるため、ケニアの水質汚染に大きな影響を与える可能性があります。コーヒーの生産工程には、栽培、収穫、加工、包装などいくつかの段階があり、適切に管理されなければ、これらすべてが水質汚染の要因です。栽培の際、コーヒー農家は収穫量を確保するために肥料や農薬を使用することがあり、このような化学物質は、近隣の水源に流出し、水生生物に害を及ぼす有害物質で水源を汚染し、飲用やその他の目的で水を利用する人間に健康被害をもたらす可能性がある。収穫の際、コーヒーチェリーは洗浄され、外皮を取り除き、コーヒー豆を抽出するために加工される。この過程で、有機物、カフェイン、その他の汚染物質を含む大量の廃水が発生する。この廃水が適切に処理されないと、近隣の河川や湖沼、地下水源を汚染し、生態系や人体に害を及ぼす可能性がある。このような問題に対処するため、ケニア政府とコーヒー産業関係者は、コーヒー生産の持続可能性を高め、環境への影響を減らすための様々な対策を実施している。これらの対策には、有機農法や持続可能な農法の推進、廃水処理施設への投資、節水技術の 導入などが含まれる。全体として、ケニアではコーヒー生産が水質汚濁の原因となっている一方で、その影響を緩和し、 より持続可能な生産方法を促進するための取り組みが行われている。ピーターはこれらの問題を解決するための措置を講じており、フレーマーや洗浄ステーションと協力して洗浄プロセスを改善し、水の浪費を最小限に抑えている。