SANTA INES | BRAZIL /200g

  • 1,944円(税込)
内容量 200g

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
上質なチョコレートや熟したチェリーを思わす酸味。
アーモンドのようなナッツ感がアクセントに、表情豊かな印象を味わえます。

生産国|ブラジル
地域|ミナス・ジェライス州、カルモ・デ・ミナス
生産者|フランシスコ・イシードロ・ジアス・ペレイラ一家
農園|サンタ・イネス
農園面積|215ha(コーヒー栽培面積75ha)
標高|900m - 1,050m
品種|レッドブルボン
生産処理|ナチュラル・ファーメンテッド(72時間)
乾燥|パティオで天日乾燥
収穫時期|2022年5月から10月
ロースト|ミディアムロースト
風味|キャラメル、チョコレート、レッドチェリー、スイート

詳細
サンタ・イネス農園は、カルモ・デミナス市街から25km。マンチケイラ山脈の縁に位置するスル・デ・ミナス地域にあります。1979年にペレイラ・ファミリーが購入し、彼らファミリーのグループであるセルトン・グループの農園の1つとして高品質なコーヒーの生産を続けています。当時、農園内でコーヒー生産は行っていたものの、新しい農地の開墾やコンクリートパティオの建設を行い、その後もウェットミルやドライヤー、ドライミルなど積極的に投資を行い、品質を向上させてきました。2005年には当時開催されたCup of Excellenceにて95.85点という他を寄せ付けない高評価で優勝を果たし、以降も継続的にCOEに輝き、2022年Cup of Excellenceにおいても14位に輝いており、長きに亘ってスペシャルティコーヒーの第一線で活躍しています。現在は農学者の指導の下で最新の情報をアップデートさせながら、品種や苗の選択、土壌の特徴に応じた品種選定が行われています。また地形の関係でマシンによる収穫ができない為、コーヒーの収穫は地面を布で覆い品質を落とさないように手作業で慎重に行われます。セルトン・グループは、カルモ・デ・ミナス出身のナザレ・ディアス・ペレイラさんとホセ・イシドロ・ペレイラさんご夫婦のもとで、コーヒー生産や畜産を行ってきました。1983年にホセ・イシドロ・ペレイラさんの死に伴い、子供たちが仕事を受け継ぎ、セルトン・グループを作りました。その後、サンタ・イネス農園やセルトン農園をフランシスコ・イシドロ・ジアス・ペレイラ氏が切り盛りし、兄弟で品質に磨きをかけながらスペシャルティコーヒーの生産を行っています。非常に悲しい事に2022年1月にナザレさんが96歳で亡くなりましたが、彼女の愛情や献身性をしっかりと受け継ぎ、未来へ向けて進み続けています。セルトン・グループ全体で環境保全にも積極的に取り組み、農場内には広大な森林を持ち水源と小川を守るために水辺にも保全林を設けています。また、この地域では牛の飼育がおこなわれており、農園でもジロランド牛が育てられていることも特徴です。サンタ・イネス農園では13家族総勢80名が農園の立てた家に住み、働いています。水道・電気・下水道などのインフラも完備しています。他にも農園から3kmほど離れたオリンピオ・ノローニャ市内に暮らす従業員もおり、多くの雇用があります。社会的責任の中で、給与以外にもミルクや薬の支給、子供たちを送迎する無料の送迎バスもあり、従業員の暮らしを支えています。