ASTRID MEDINA | COLOMBIA /200g

  • 1,944円(税込)
内容量 200g

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
口に含んだ瞬間にハイビスカスの香りと、ザクロを思わせる風味が広がります。
バランスのとれた丸みのある質感が、液体にふくよかさを与えています。
酸味のボリューム、質感、バランスの在り方がとてもグラマラスなコーヒーです。

生産国|コロンビア
地域|トリマ県、プラナダス、ガイタニア、サン・ミゲル
生産者|アストリッド・メディナ・ペレイラ
農園|ブエナ・ヴィスタ
農園面積|5ha(コーヒー栽培面積:10ha)
標高|1,816m - 2,000m
品種|カスティージョ
収穫時期|2020年4月 - 6月
生産処理|ウォッシュト(ドライファーメンテーション31時間) / アフリカンベッドの後にマルケシナ(15-20日間)
ロースト|ミディアムロースト
風味|ハイビスカス、ザクロ、タータリック、ラウンドマウスフィール、グラマラス

詳細
コロンビア中西部のトリマ県の南部、ガイタニアの町に位置するブエナビスタ農園は、アストリッド・メディナさんと夫のラウルさんをはじめ、親族の皆さんを中心に運営されています。彼女は二児の母親でもあり、家事や育児をしながら農園の管理・運営に取り組んでいます。アストリッドさんは、ピッカーや従業員、オーナーまで、農園で働くすべての人が相互に理解し、同じ目標を持つことが重要だと考えており、コーヒーの品質は多くの人の努力が合わさって達成されるものだと話します。アストリッドさんにとってコーヒーは、家族を団結させてくれる存在でもあります。2015年のCOE優勝の際、彼女は「数は力になります。過去9年間農園で働く中で、浮き沈みもあり、従業員にもっと賃金を払いたくても払えない時期もありました。それでも、私たちは希望を持って進み続けます。」と語りました。農園では、コロンビア、カトゥーラ、カスティージョに加え、2020-2021年の収穫期からはゲイシャ種の生産もスタートしています。