Sr.NIQUINHO | BRAZIL /200g

  • 1,890円(税込)
内容量 200g
数量

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
スミレのようなフローラル感と、ピーチのような甘い風味。
甘さに包まれた後味が、一層余韻を長く感じさせてくれます。

生産国|ブラジル
地域|ミナス・ジェライス、カルモ・デ・ミナス
農園|セニョール・ニキーニョ
生産者|ルイス・パウロ・ジアス・ペレイラ・フィーリョ
標高|1,100m - 1,300m
農園面積|25ha(コーヒー栽培面積:18ha)
品種|イエローブルボン
生産処理|ナチュラル、パティオで21日間乾燥
収穫時期|2020年5月 - 10月
ロースト|ミディアムロースト
風味|ヴァイオレット、ピーチ、スイート、シロッピィ、タータリック

詳細
ルイス・パウロ・フィーリョさんが中心となり営むセニョール・ニキーニョ農園は、ブラジルの優良産地
カルモ・デ・ミナスのセルトン・グループが所有する農園のひとつです。ブラジル・カップ・オブ・エクセ
レンスでの入賞経験もあり、安定的にすばらしいコーヒーを生産している農園です。ルイス・パウロ・フィーリョさんは、バイヤーである丸山健太郎さんがブラジルのコーヒーを買い付ける際に不可欠な存在です。丸山さんは、ルイス・パウロさんと互いの抱える問題、品質について意見を交換し合い、毎年コミュニケーションを重ねて少しずつ信頼関係を築いてきました。ルイス・パウロさんはコーヒービジネスに携わる一族の4世代目にあたります。彼は、2004年に従兄弟であるジャックス・ペレイラさんとカルモ・デ・ミナス地区にカルモ・コーヒーズ社を立ち上げました。カルモ・コーヒーズを立ち上げたことがルイス・パウロさん、ジャックスさんの人生を変えただけでなく、カルモ・デ・ミナスや周辺地域のコーヒー栽培のシナリオを変えたといっても過言ではありません。カルモ・コーヒーズ社は、ブラジルのスペシャルティコーヒー業界に大きな影響を与え続けている会社のひとつでもあります。ルイス・パウロさんは、豊富な知識と経験、強いリーダーシップを持ち、ご自身が所有する農園に限らずこの地域全体での高品質コーヒー生産に大きく貢献する、情熱溢れる尊敬すべき生産者のひとりです。