LA LLAMA GEISHA-HAWAII NATURAL | BOLIVIA /100g

  • 2,160円(税込)
内容量 100g

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
グリーンフローラルな品のある香り、アップルティーのような風味。
繊細な酸味とシルキーなタッチが余韻を魅力的に彩ります。

生産国|ボリビア
地域|ラ・パス、カラナビ
農園名|ラ・リャマ
生産者|ペドロ・ロドリゲス・ペニャリエータ
標高|1,536m - 1,701m
農園面積|9.6ha(コーヒー栽培面積:6.7ha)
品種|ゲイシャ・ハワイ
収穫年|2020年10月
生産処理|ナチュラル、グリーンハウス内のアフリカンベッドで乾燥(240時間)
ロースト|ライトロースト
風味|グリーンフローラル、ジャスミン、アップルティー、デリケート、シルキー、ロングアフターテイスト、クリーンカップ

詳細
ボリビアのカラナビ地域より、ペドロ・ロドリゲスさんが運営するラ・リャマ農園ゲイシャ・ハワイ種のナチュラルプロセスのロットが届きました。
ペドロさんのいくつかの農園を所有していますが、どの農園もきれいに管理されていて感動しました。コーヒーの木々の間隔は風通しのいいように、畝の間隔は収穫がしやすいように広く植えられています。コーヒーチェリーは何度もハンドピックを重ね、熟度が高く均一に整うように特別なロットは管理されます。ペドロさんが運営するアグリカフェ・グループの複数のカラナビの農園の中で、ラ・リャマ農園は最も標高の高いところにあります。農園の名前は、ボリビアで一番象徴的な動物であるリャマに由来します。アグリカフェのチームが初めてこの土地の視察に訪れたとき、彼らは1頭のリャマに出くわしました。先の尖った耳と用心深そうな目つき、気高い態度はまるで、「私の近くに来てみろ、唾を吐いてやるぞ」と言っているようでした。ラ・リャマ農園は、ペドロさんたちの手に渡った時点で15年の歴史を持っており、すでにコーヒーを生産していました。この農園のビジョンは、近代的農業の実践で何が成し遂げられるか、また、新しいコーヒーは古いコーヒーと一緒に植えることが可能なのだということを地元の生産者に示すことです。ラ・リャマ農園は、青々と茂った森林に囲まれ、地元の水源への良好なアクセスや、高い標高に恵まれています。ここにたどり着くには、道の両側にきれいに並ぶコーヒーの木の真ん中を通り、急勾配の曲がりくねった道を四輪駆動車で登っていかなければなりません。