GATURIRI | KENYA /200g

  • 1,890円(税込)
内容量 200g
数量

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
ジャスミンのようなフローラル感と、レモンやダージンリンの風味。
洗練された酸味が伸びのあるアフターテイストを感じさせ、
ライトな口当たりがティーライクに楽しめます。

生産国|ケニア
地域|ニエリ県、マティラ
オーナー|バリチュ農協
生産者|複数の小規模生産者
生産処理場|ガトゥリリ・ファクトリー
標高|1,700m
品種|SL34、SL 28、ルイル11
収穫時期|2020年11月、12月
生産処理|ウォッシュト(ソーキング16時間から25時間)、アフリカンベッド(7日から15日)
ロースト|ミディアムロースト
風味|ジャスミン、レモン、ダージリン、ペア、ティーライク、リファイン

詳細
ケニアでは生産者あたりのコーヒーの収穫量は非常に少なく、各生産者は自分のコーヒーを「ファクトリー」と呼ばれる生産処理場に持ち込むのが一般的です。ガトゥリリ・ファクトリーの名前の「ガトゥリリ(Gaturiri)」とは、ケニアの民族のひとつであるキクユ族の言葉で「低木」や「灌木」を意味します。このファクトリーはケニア山の南部に位置し、約1,500名の小規模コーヒー生産者のコーヒーを受け入れ、各生産者は一人当たりおよそ250本のコーヒーの木を管理しています。この地域は、人々が人間や家畜用の薬草を採りに訪れる場所として知られているそうです。このファクトリーが属するバリチュ農協には、ガトゥリリの他、カラティナ、カリンドゥンドゥ、ガトンボヤの計4つのファクトリーが所属しています。