KINYARI ESTATE | KENYA /200g

  • 1,782円(税込)
内容量 200g
数量

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
レモンやグリーンティーのように爽やかで若々しい風味。
温かい時よりもやや温度が下がった瞬間にラズベリーのような印象を感じます。
シャープで洗練された酸味を心地よく楽しめるコーヒーです。

生産国|ケニア
地域|キリニャガ県、キリニャガ地区、ギチュグ、ルンゲト
農園|キニャリ・エステート
生産者|ステファン・ルイタ・ガチェンゲ
標高|1,650m
品種|SL 28、SL 34、ルイル11
収穫時期|3月4月、9月10月
生産処理|ウォッシュト / アフリカンベッドで乾燥
ロースト|ミディアムロースト
風味|レモン、ラズベリー、グリーンティー

詳細
ステファンさんが営むキニャリ農園は、ケニアの首都ナイロビから125km程離れた標高1,580m(2016年の情報)に位置しています。ケニアでは小規模生産者が多く、「ファクトリー」と呼ばれる生産処理場にコーヒーチェリーを納め、多数の小規模生産者のコーヒーからひとつのロットが作られることが一般的ですが、今回のロットは単一農園のコーヒーです。一人あたりのコーヒー栽培面積は0.25ヘクタールから4ヘクタール程で、この地域は紅茶の栽培地域でもあり、茶畑に囲まれているという大変ユニークな環境にあります。
 ケニアでは、「エステート」と言われる「農園」のものより、1,000人単位でメンバーを抱える「コーペラティブ(いくつかのファクトリーで構成させている)」の方が良いコーヒーを作っていると従来言われてきました。しかし、ここ数年で少しずつ状況が変わってきています。コーペラティブから独立した個人が、独自の小さな生産処理場を持つことが増えてきました。今回ご紹介するこちらのキニャリ農園もそのひとつです。