SANTA ISABEL - DARK - | GUATEMALA /200g

  • 1,620円(税込)
内容量 200g
数量

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
ほろ苦いチョコレートのような風味と、後味のベリー感がキレのある深煎りを楽しませてくれます。
スムースな口当たりも印象的です。

生産国|グアテマラ
地域|アルタ・ベラパス県 サン・クリストバル・ベラパス
生産者|アグリコラ・ヴァルマール社(バルデス・ファミリー)
農園|サンタ・イサベル
農園面積|300h(コーヒー栽培面積200h)
標高|1,400m - 1,600m
品種|カトゥーラ
収穫時期|2019年12月から2020年3月
生産処理|ウォッシュト(発酵:17時間) / グリーンハウスで乾燥(16日間)
ロースト|ダークロースト
風味|ダークチョコレート、ベリー、ビタースイート

詳細
バルデス・ファミリーが営むサンタ・イサベル農園は、グアテマラシティより車で4時間程度のサン・ク リストバル・ベラパスにあります。この農園は約140年の長い歴史を持っています。過去には、現在中心となって農園を管理しているルイス・バルデス3世の曾祖父の代に一度人手に渡りました。しかし、1962年に祖父であるルイス・バルデス1世によって買い戻され、現在ではルイスさんがお父さんのルイス・バルデス2世、弟さん、妹さんと共にご家族で農園を営んでいます。
ルイスさんは2000年からサンタ・イサベル農園でコーヒー栽培に従事しています。ルイスさんのお父さんやおじいさんの代から農園に長く勤めるワーカーさんも多く、ルイスさんと彼らの間には信頼関係があるため、農園の管理もしっかりとしています。
収穫時期は主に12月から3月までで、全体の95%がこの時期に収穫されますが、コーヒーの木は 自然のままにしておけば6月頃まで実をつけます。そのため、メインの収穫時期のあと木を休ませ るために、残っている青い実、赤い実は刈り取り、次のシーズンに備えています。土壌、品種、 肥料、シェードツリーが適切に管理されたサンタ・イサベル農園では、コーヒーの木が生き生きとしています。