EL GANADOR | NICARAGUA /200g

  • 2,160円(税込)
内容量 200g

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
フローラルで、レモネードのようなさやかな印象と、ドライピーチのような甘さ。
キラキラとした心地よい酸味で、コーヒー全体に彩りを感じさせてくれます。
クリーンな液体で、キメの整った質感も後味も素晴らしいコーヒーです。
ルイス・アルベルトさんのコーヒーは区画ごとに品種を管理しており、それぞれの世界観が味わえます!

生産国|ニカラグア
地域|ヌエバ・デゴビア、モソンテ、キスリ
農園名|ウ・レガロ・デ・ディオス
区画|エル・ガナドール
生産者|ルイス・アルベルト・バラダレス・モンカダ
標高|1,500m - 1,680m
品種|マラカトゥーラ
農園面積|286h(コーヒー面積86h、マラカトゥーラ栽培3.93ha)
収穫年|2019年2月、4月
生産処理|ハニー、アフリカンベッドで日陰乾燥(乾燥期間22日)
ロースト|ミディアムロースト
風味|フローラル、レモネード、ドライピーチ、ライブリー

詳細
ウン・レガロ・デ・ディオス農園は、ニカラグア北部、ホンジュラスと国境を接するヌエバ・セゴ ビア県のディピルト-ハラパ山脈に位置しています。ディピルト-ハラパ山脈にはニカラグア最高峰のモゴトン山(標高およそ2,107m)をはじめ、2,000m前後の山が連なっています。農園の周辺には、松の林や広葉樹林が広がっています。
オーナーのルイス・アルベルトさんがウン・レガロ・デ・ディオス農園を手に入れたのは2010年のことです。ウン・レガロ・デ・ディオスはまだ比較的新しい農園ですが、ルイス・アルベルトさんはコーヒー生産一家の4代目にあたり、小さいころからお父様と共にコーヒー業界に携わってきました。ルイス・アルベルトさんがオーナーとなって初年度の2010年ニカラグア・カップ・オブ・エクセレン スでの3位入賞をはじめ、2018年にはCOEで優勝した経験もあり、現在までに複数のCOE入賞を果たしています。
ルイスさんは、ウォッシュト、ハニー、ナチュラルの3種類の生産処理を行っています。乾燥工程では、豆を均一に乾かすために日陰のアフリカンベッドで湿度や温度のコントロールが行われます。コー ヒーチェリーの熟すタイミングの管理から始まり、コーヒー作りのあらゆるプロセスで厳密な品質管理が実施されています。