KAGOMA Cup of Excellence | BURUNDI /200g

  • 1,944円(税込)
内容量 200g
数量

●商品は全て豆のままでご用意しております。

風味
ピーチやブラックティーの風味に、花の蜜のような綺麗な甘さが印象的です。
クリーンで、シルキーな口当たりが上質な印象を与え、このコーヒーの魅力に輪郭を感じさせます。

生産国|ブルンディ
地域|ンゴジ県、ニャムレンザ、カゴマ
生産者|カゴマ地域の小規模生産者
生産処理場|カゴマ・ウォッシングステーション
標高|1,648m
品種|ブルボン
収穫|2018年4月中旬から5月
生産処理|フリーウォッシュト、アフリカンベッドで乾燥
ロースト|ミディアムロースト
風味|ブラックティー、グレープ、ピーチ、ラウンドマウスフィール

詳細
この夏に訪れたブルンディのカップ・オブ・エクセレンス(通称:COE)の入賞ロットを入荷しました。
東アフリカの内陸ブルンディは、多数派のフツ族と少数派のツチ族との間で長く続いた紛争が終わった現在でも
政情は不安定ですが、そんな中すばらしいコーヒーを送り出す、ポテンシャ ルに溢れた生産地です。2012年にCOEが初開催され、8回目のCOEで18位に入賞したのが、この「カゴマ・ウォッシングステーション」のコーヒーです。
ブルンディのコーヒーの多くは、ウォッシングステーションと呼ばれる生産処理場に収穫したコーヒーチェリーを持寄り、ひとつのロットが作られます。今回の入賞ロットには、413名もの生産者が関わり”情熱の結晶”のようなコーヒーなんです!カゴマ生産処理場は、1974年に3つの外国企業によって建設されました。カゴマという 名前は小型の太鼓のことで、この生産処理場の建つ丘の名前でもあります。ここは、こ の地域の地元民が話し合いやディスカッションをするために集まる場所でもあります。